マンション・アパートの鍵をなくしたらどうすればいい?

“私は私の邸宅の鍵を失った…私は何をしなければならないだろう……”私はそのような経験を持つ人がいると思う。

鍵を失うときは、何よりも落ち着くことが重要です。

あなたの鍵を失うことに対処する方法は、状況によって異なります。

このコラムでは、私がアパートキーを紛失したケースを紹介します。

あなたの家がオートロックタイプのアパートの場合、鍵を紛失したときに高い費用がかかる場合がありますので、しっかりと理解しましょう。

まず落ち着いてください。

そして周囲を再確認してください!

私がアパートキーを紛失したとき、私は不満を感じ、パニックになる人がたくさんいると思います。

深呼吸して落ち着いて、周囲を見つけよう。

バッグやポケットに落ちているものが多いからです。

あなたが鍵を見つけることができない場合は、失う前にあなたの行動を振り返り、家に戻って確認するときにあなたが訪れた道に戻りましょう。

店に連絡してキーがあるかどうか確認してください。

警察、管理会社、家主に順番に通知しましょう

アパートの鍵を紛失した場合は、次の順序で通知しましょう。

①警察

自分で見つけられない場合は、近くの警察に行きます。

キーが警察に到着した可能性があります。

あなたの鍵が到着していない場合、私たちは損失の警察に通知してみましょう。

紛失した登録を提出して鍵が見つかった場合は、お客様にご連絡いたします。

警察は家から離れた場所でも対応します。

不動産の届出をするときは、事前に鍵の種類を知らせてあげてください。

あなたが理解していない場合、あなたは経営者または家主に尋ねるかどうかを知ることができます。

②管理会社・家主

管理会社、家主に連絡しましょう。

一致するキーがある場合は、準備ができている可能性があります。

最近、管理会社や家主がテナントの鍵を握っていないように見えるので、鍵を開けないケースが多いようです。

そのような場合、鍵を作成するか鍵を交換するようにロッカーに要求する必要があります。

失われたマンションキーを交換する方が良いです!

何?

失われたキーが見つかった場合はそのままキーを使用する方がよいでしょうか?

結論として、失われた鍵は悪用される可能性があるので、それをそのまま使用することは避けてください。

したがって、リスクを考慮して、鍵を交換する必要があります。アパートの鍵を交換するときに、管理会社や家主と相談しないと、ロッカーの鍵交換がうまくできません。

管理会社や家主にアパートの鍵を紛失したことを知らせたくないかもしれませんが、連絡を取りましょう。

オートロックタイプの場合、管理会社・家主から高価な費用が請求されます。

オートロックタイプのアパートの鍵を紛失した場合、それは面倒なケースかもしれません。

多くのオートロックタイプのアパートは1つのキーで部屋の入り口の自動ロックとドアを開くことができます。

したがって、鍵が乱用された場合、部屋の鍵を交換しても入り口に入る可能性があります。

オートロック式のマンションの鍵を紛失したら、どうすればいいですか?

オートロックタイプのアパートの鍵を紛失した場合は、まず管理会社と家主に連絡しましょう。

その後、エントランスの鍵と全部屋の鍵を用意する必要があり、高価なクレームを受ける可能性があります。

そのような場合、次のことができるかどうかを交渉しましょう。

・PINと自動ロックを交換する

鍵を交換する際にPINタイプを交換できるかどうかを交渉しましょう。

暗証番号の場合、すべての部屋に鍵を交換する必要はありません。

また、今後PINが外部に漏れても、番号を変更するだけで対処することができます。

・オートロックシリンダーのみのキー交換

私たちは入り口のオートロックシリンダーだけを交換し、新しい鍵を作成してアパートに住む人々に配布します。

それはアパートの部屋の数と同じ数のキーを作る必要がありますが、それはすべての部屋のキーを交換するよりも安いはずです。

上記の方法が可能であっても、コストは高価になる。

あなたはすべての負担を避けることができないので、経営会社や家主と交渉しようとしましょう。

契約上の鍵を紛失する負担についての規則がありますので、事前に確認しましょう。

また、費用の一部または全額を保険が負担する場合もあります。

保険に加入している場合は、保険の内容も把握する必要があります。

まとめ

あなたがアパートの鍵を紛失したときは、まず落ち着き、個人的な所持品を探します。

鍵が見つからない場合は、警察に連絡し、管理会社と家主に常に連絡しましょう。

また、オートロックマンションのキーを紛失した場合、高額の料金が請求されることがあります。

そのような場合には、入居時に契約を確認した後、経営会社または家主と交渉しましょう。

最近、経営幹部や経営者は時にはキースペアを持っていません。

あなたが持っていても、防犯の観点からロッカーをロックしましょう。

関連記事

ページの先頭へ